2011年06月27日

建築家が「共感覚」の語を使用

 建築家の佐川旭氏という方が、フリーマガジン「R25」(No.287、2011年6月16日発行)の中で、下記の通り「共感覚」に言及されている。

フリーマガジン「R25」
http://r25.yahoo.co.jp/


(引用始め)

「子どもの教育では、知識よりも心を育むことが重要です。心根の大切な要素である知欲・意欲・情の3つをバランスよく育てることで、素直で人の話をしっかりと聞く、感性豊かな子どもに育ちます。けれど、現代は家族の関係も希薄になり、情が失われがち。生活のなかで子どもの情を育てる家選び・家作りが重要なんです」

「大脳生理学でいう“共感覚”のようなものが重要だと私は考えています。これは3つの刺激を複数の感覚で捉えるもので、たとえば“高い金属音に冷たさを感じる”ようなことを指します。“子供の情を育む家選び”でも、この“複数の感覚”という点が重要で、“3つの記憶を複数の五感に刻みこめる”家なら、家族の思い出が記憶に刻まれ、時間が経っても温かな感情を思い起こしやすいでしょう。これが深い“情”を育むわけです」

(引用終わり)


 何よりも知識を優先して動かざるを得ない職業であると思える建築家が、「子どもの教育では、知識よりも心を育むことが重要」であると述べている点は、同じ境遇にあったはずの数学者の岡潔が子どもの「情緒」を「知識」よりも重視すべきだと唱えた点に似ている。

 私は、岡潔の思想や主張を「共感覚」的な哲学・思想として敬愛しているが、この建築家も「大脳生理学でいう“共感覚”のようなものが重要だ」として、「知識」以前の「心」や「情」に「共感覚」を見ているあたりが、非常に鋭い視点だと思える。

 私も仕事の中で建築家や芸術評論家に接することがあるが、このような視点を持っている文化人・学識者に出会う機会は極めて少なくなっていると感じている。数学や建築といった学問・芸術に「心」や「情」を取り入れることに挑戦し続けている文化人・学識者の数が少なくなっていることも理由にあるだろうが、学校教育や社会教育、テレビなどのマスメディアの場であまり取り上げられないこともあるのだろう。
タグ:共感覚
posted by 岩崎純一 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46397042

この記事へのトラックバック